BL読書備忘録です。
気ままに書いてます。ネタバレ注意。
小説中心でしたが現在はマンガやBL外などけっこうグダグダです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


ぜひポチっと!→そのままクリックしてくんろ!
2016.08.31 Wednesday | | - | -
『琥珀色の語り部』篠原美季
琥珀色の語り部 欧州妖異譚5 (講談社X文庫―ホワイトハート)琥珀色の語り部 欧州妖異譚5 (講談社X文庫―ホワイトハート)
(2012/04/04)
篠原 美季

やっと読んだよー
なんか惰性のようになってきたような…
だってさーどうせシモンあんまり活躍しないんでしょ?とか思うとさー…。
そういえば同人的にはなぜかアシュユが人気っぽいですけど、それだって原作では結局シモユだからじゃないの?だからこそのアシュユじゃないの?
…ってここで言ってもな…。
続きを読む >>

ぜひポチっと!→そのままクリックしてくんろ!
2012.05.16 Wednesday | 23:59 | comments(0) | [大好き]英国妖異譚
『アドヴェント〜彼方からの呼び声〜』篠原美季
こんちは
生☆嶋です

名前の間に☆を入れるとかわいいとか萌え系になるとか見たけど、私がやったところでこいつ気狂ったんかとしか思えないですね。残念です。

お久しぶりでした。
さすが師☆走

アドヴェント 〜彼方からの呼び声〜 欧州妖異譚4 (講談社X文庫―ホワイトハート)アドヴェント 〜彼方からの呼び声〜 欧州妖異譚4 (講談社X文庫―ホワイトハート)
(2011/12/02)
篠原 美季
12月は英国の発売率高い気がすんお!
しかしね、帯の文句、
「ユウリの保護者の座をめぐって、シモンとダルトンが対立!―寝ずの番なら、僕がしますよ?」
いやいいけどね、でもそこ?そこなの?

お話の感想では全くありません。
続きを読む >>

ぜひポチっと!→そのままクリックしてくんろ!
2011.12.15 Thursday | 00:57 | comments(0) | [大好き]英国妖異譚
『アザゼルの刻印』篠原美季
英国妖異譚からシリーズ名が変更になり、欧州妖異譚に。
おうしゅうっつーと奥州が出てきちゃう。
一回日本のその辺に出張してくれば楽しいのになァ。
アザゼルの刻印 欧州妖異譚1 (講談社X文庫 しD- 30 ホワイトハート 欧州妖異譚 1)アザゼルの刻印 欧州妖異譚1 (講談社X文庫 しD- 30 ホワイトハート 欧州妖異譚 1)
(2010/10/01)
篠原 美季

この3人で表紙ってすごく異色な気が。
アンリったら幅きかせちゃってまぁ〜。

ぐだぐだ言ってますが、それもこのシリーズが好きだからです。
多めに見て下さい…(笑)。あ、思いっきりネタバレしています。

続きを読む >>

ぜひポチっと!→そのままクリックしてくんろ!
2010.10.05 Tuesday | 22:18 | comments(0) | [大好き]英国妖異譚
メフィストフェレスの誘惑〜英国妖異譚・番外編〜
ちょっと出遅れましたが読みました。
番外編の3作目であり、第一部としてはもう本当に最後の1冊(今のところそのはず)。
先生のお心次第だけど(笑)。
メフィストフェレスの誘惑 英国妖異譚番外編3 (講談社X文庫 しD- 29 ホワイトハート)メフィストフェレスの誘惑 英国妖異譚番外編3 (講談社X文庫 しD- 29 ホワイトハート)
(2010/07/05)
篠原 美季

部屋分けでシモンと2人部屋になってすぐのお話。なので、番外編2から引き続いているような感じでした。

しかしアレですよ、番外編2のあとがきで、「本来のシリーズ最終回のような後味のよさのある作品になると思う」と仰られていましたが、それにはこう答えねばならない。

どこが?

いやだってまるっと投げ出されちゃった問題(謎?)が解明されたわけでは全然ないじゃない?番外編はあくまで番外編だったじゃない?
ユウリとシモン中心の話で、そういうのすごい読みたかったけど、そ、そんなんで私騙されないんだからね…ッ!
つーかあんまりいちゃついてはないしな…。
続きを読む >>

ぜひポチっと!→そのままクリックしてくんろ!
2010.07.06 Tuesday | 20:01 | comments(0) | [大好き]英国妖異譚
午前零時の密談〜英国妖異譚・番外編〜
新刊ー!
やっと読んだー!
午前零時の密談 英国妖異譚番外編2 (講談社X文庫ホワイトハート)午前零時の密談 英国妖異譚番外編2 (講談社X文庫ホワイトハート)
(2010/04/30)
篠原 美季

短編が3本。
うち2本はWEBで公開されていたものなので、新作は表題作だけでした。
みんなが読みたがってた部屋決めの話だよ!
私としてはもちろん部屋決めの話も読みたかったけど、シモンとユウリが同じ部屋という貴重な時期のエピソードを何か読みたかったな〜と思ってたり…ないだろうけどさ…。

ちょうネタバレしていますが、たたみませんので未読の方はお気をつけて下さい!
↓↓↓↓



ユウリ、ウザァ!!

って思ったの私だけですか?
だってさ、アレックスの言うとおり、人間だったら相手によって「好き」な気持ちに差が出るの当然のことじゃない。それを揉め事を起こしたくない、人を傷つけたくないから自分の気持ちは押し隠す…だなんて、それこそ思い上がってるように感じちゃう。
ユウリが最初に「シモンとがいい」ってヒューにはっきり言えばそれですんだ話じゃないか。

ってまあ、そこがユウリの美徳と言われればそうなんですけどー。ちょっといつものようにユウリ、かわいいよユウリ…状態になれなかったのが自分でも悲しい(笑)。
シモンがどっかでユウリは感情に淡白だって言ってたので、上のような気持ちを装いつつ実はどっちにも執着ないから選べないってことかな、ともちょっと思ったのですが、ユウリはっきりほんとはシモンがいいって言ってるもんね…。

ヒューとシモンに出されたユウリのお題、なんとなく今までの話の中で匂わされてきたエピソードとしてみると「えーそんな内容ー」と思ってしまいました。もっとほんとにトンチみたいな内容を想像してたので。

アシュレイの出番が少ない(まあしょうがないよね)分、シモンが出張れるわけですが!実際出張ってましたが!不満!超不満!ただ出ればいいってもんじゃないじゃない!ユウリといちゃついてなければ意味ないじゃない!ダルトンなんかと接近するとこなんかいいっつーのー!!
…その点アシュレイは自分が出張るとこではもれなくユウリといちゃつきますから(番外編は別ね)本当もうシモンは…(だからヘタレの印象拭えない)。

そんでもって腑抜けシモンの代わりにこの話でやけに出張ってしまったダルトンは大学生編で活躍…とあとがきで書かれてましたが、アシュレイと絡むのかな?それだとすごく濃すぎる気がするんだけど(性的に・笑)。もーねもーねダルトンみたいなのはセイヤーズと絡めばいいと思うの!どう!?超良くない?あーセイヤーズ…なんでセイヤーズの短編は収録してくれなかったの…これだけ有料だったから?あーいとしのセイヤーズ…。

それとヒュー。公認(というか暗黙の了解)ホモへの道を進むヒューだけど、この番外を読んでる限り周りのみんなに性癖知られるのとかすんごい嫌がりそうだよね。ルームメイト断られて何か悟っちゃったとか?(詩人の面もあるわけだし)どうもあの我がままっ子のような強引さはヒュー?なの?と思ってしまいました。

そんで続きには、どーでもいいシモン話です(笑)!
続きを読む >>

ぜひポチっと!→そのままクリックしてくんろ!
2010.05.09 Sunday | 16:05 | comments(2) | [大好き]英国妖異譚
エマニア〜月の都へ
エマニア~月の都へ 英国妖異譚(20) (講談社X文庫 しD- 25 ホワイトハート)エマニア~月の都へ 英国妖異譚(20)
(2009/06/05)
篠原 美季



読んだ…読んだよ…。
完結っちゅ〜からどんな幕引き…と、寂しいけれど期待だってあったのに、うんと…どうゆうこと?終わって…ないですよね?
続きを読む >>

ぜひポチっと!→そのままクリックしてくんろ!
2009.06.07 Sunday | 11:05 | comments(2) | [大好き]英国妖異譚
聖杯を継ぐ者
聖杯を継ぐ者 英国妖異譚(19) (講談社X文庫―ホワイトハート)聖杯を継ぐ者
篠原美季

読んだど〜。
次最終巻で、おもっくそ続いてる。
最終巻の上下とかにしたほうがよかったんじゃないの?とか冷たく言ってみても、終わってしまうことが寂しくてなりません。
でも番外編何冊か出そうな感じだよね…。

続きを読む >>

ぜひポチっと!→そのままクリックしてくんろ!
2008.12.09 Tuesday | 12:47 | comments(2) | [大好き]英国妖異譚
誰がための探求
誰がための探求 英国妖異譚17 (講談社X文庫 しD- 21 ホワイトハート)誰がための探求
篠原 美季

やっと読み終わってよ。
少し時間がかかってしまったわ。
記事を書くより本を読むのを優先しようと思って、
執事喫茶へ行ったお屋敷へ帰ったことも書いてなくてよ。でも書きたいので次に書くと思うわ。(頑張ってもお嬢様ふうにならない)

続きを読む >>

ぜひポチっと!→そのままクリックしてくんろ!
2007.12.10 Monday | 12:51 | comments(0) | [大好き]英国妖異譚
十二夜に始まる悪夢
十二夜に始まる悪夢―英国妖異譚16 (講談社X文庫 しD- 20 ホワイトハート)十二夜に始まる悪夢―英国妖異譚16
篠原 美季

くっ感想書くのがこんなに遅くに…!
今回の表紙、初心に帰って…って感じですなぁ。
まあ初期に比べると絵柄が多少変化してるからそんなにアレでもないけど…(年を感じる言い回し笑)

本来なら特別なケーキが当たるのは一人のはずがなんと三人にそれぞれ違うものが当たって…ていう流れで、そのうちの一人がもちろんユウリだったわけだけど、豆ってところがユウリのおまぬけ具合とマッチしてて面白いなあと思いました。(もちろん豆には豆なりの理由があるんだけど)
オスカーがでばるたんびにオニールが不憫でしょうがない。
だってユウリはオスカーには話すか話さないか迷ってるっていうのにオニールには全っ然話す気ないもんね(笑)!あ〜不憫(笑)。
私はセイヤーズが好きだー(何回も言ってる笑)
オスカーほどユウリに近づけないけど、けどそんな距離感もセイヤーズらしくて良い。

今回シモンが活躍!って感じだけどーうーん。
なんかシモンに活躍させてあげた感が少ししてちょっと微妙です。
嬉しいけど!
部屋で会議中にユウリが来るところなんかも、ユウリならシモンなんか呼びに行かず無理してでも一人で下級生探しに行っちゃいそうじゃない?今までなら。そんでアシュレイにとっつかまって、ユウリがいないのに気づいたシモンと合流して…とか。ちょっとらしからぬ感じ?
でも自殺しようとしたのを止めて、シモンの名前を呼ぶとこは好きです。
一番近くにいたのはアシュレイなのに、シモンを呼んじゃって!
そん時のアシュレイの心境を知りたいぜ。

でも今回オスカーのせいかあんまり毒気を出せなかった感のアシュレイだけど、携帯の番外編でやってくれました…やってくれました…あなたって…。
続きを読む >>

ぜひポチっと!→そのままクリックしてくんろ!
2007.07.20 Friday | 15:18 | comments(0) | [大好き]英国妖異譚
万聖節にさす光
万聖節にさす光 英国妖異譚14万聖節にさす光 英国妖異譚14
篠原 美季

ほんとに2ヶ月で新刊でた〜。嬉しい。
とりあえず、最初に言っときたいことは、
挿絵、また偏りすぎですから!
欲求に忠実に挿絵描いてらっしゃるなぁ〜…。
それから、ユウリは前髪カットしたんですか(笑)?なんか短くない?
続きを読む >>

ぜひポチっと!→そのままクリックしてくんろ!
2006.09.10 Sunday | 12:09 | comments(0) | [大好き]英国妖異譚
__
| 1/2 |
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
QLOOKアクセス解析
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
LATEST ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
PROFILE
もっさり生きてます。
コメント大歓迎です。記事ごとに拍手も設置していますのでお気軽にどうぞ。

*メールフォーム
*リンク・アンリンクフリー
ランチパックの記録 ついったー
RECENT COMMENT
LINKS

BL×B.L.People
SEARCH

RECOMMEND

生徒会長に忠告 (6) (ディアプラス・コミックス)
成長痛 (Feelコミックス オンブルー)
スロースターター (CITRON COMICS)
憂鬱な朝 4 (キャラコミックス)
500年の営み (Feelコミックス オンブルー)
不器用なテレパシー (ディアプラス文庫)
恋愛☆コンプレックス (ディアプラス文庫)
積木の恋 (プラチナ文庫)
てのひらにひとつ (ディアプラス文庫)
天国に手が届く (ディアプラス文庫)
__
qrcode